2006年04月11日

下妻物語

”下妻物語”を観た。

先日のキューティーハニーと一緒に借りたんだけど・・・って、かなり疲れてるのか?(^^;
まあ、同様に、脱力系でということで。

舞台は、茨城県下妻市。
中世ヨーロッパのロココ時代にあこがれるロリータファッション命の竜ヶ崎桃子(深田恭子)は、代官山まで2時間半かけてロリータファッションを毎週のように買いに行っていた。
洋服代を稼ぐため、父親が過去に売っていた偽ブランド商品の個人販売を始めたところ、それを買いに、特攻服に身を包んだイチゴ(土屋アンナ)が来て、それがきっかけで、二人は少しずつ友情を深めていく。

正直、かなりおもしろかった(笑)
基本は、コメディというかギャグなんだけど、うまくはまっているか、思わず笑ってしまうっていうか・・・
その中でも、友情を深めていくところがあったりで、感動できるようなシーンがあったり・・・
最後は、若干イマイチ感があるものの、ほんとおもしろかった。

まあ、こういう超B級映画って、個人的に大好きだからなぁ・・・
ロリータファッションの深田恭子は、かわいかった・・・てか、はまりすぎ(笑)

オススメ度:★★★★(5点満点中4点)
posted by SOHO at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。